忍者ブログ
木村石材店の四代目が、業務に関することや地元・会津に関することを中心にお送りいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


たまには仕事の話を。

本日は、先週までお墓のリフォームの仕事をしていたためにできなかった仕事に手を付けました。

次の現場で使う石の整理、墓誌の文字彫り、石磨き。



文字彫りをしたのは、インド産のクンナムという黒御影石です。
このクンナムという石は結構硬い石でして、文字彫りにかかる時間は、白御影の倍に及ぶ時もあります。
しかし吸水率も低く、年数が経っても変色が少ないので非常に人気があります。

今回は10人分の戒名を彫ることになっていたので、午後は丸々文字彫りに費やしました。
明日現場に持って行って、据え付けとなります。


そうして俺が文字彫りをしてる間に、父は工場で石磨きをしてました。
大理石を磨いてほしいという依頼です。

実は、大理石と御影石って磨き方が少し違うんですよ。
御影石の磨き方で大理石を磨いても、ちょっと艶がイマイチと言いますか、石種によっては艶が出ないことも。もっとも、御影石と同じ磨き方でも艶の出る大理石もありますが。
それはともかくとして、上手に磨けば、ご覧の通りです。

【before】





【after】



写真では分かりづらいかもしれませんが、窓の光が反射するくらいにピカピカです。
指触りも凄く滑らかなのに、それをお伝えできないのが非常に残念!

早速お客さんのところへ届けたところ、「こんなに綺麗になるのか!」と喜んで頂けたそうです。
それにしても、この石を何に使うのかが気になります(笑


何はともあれ、当店は大きい仕事も、ちょっとした仕事も、分け隔てなく全力でやることをモットーとしております。
「こんな仕事、引き受けてもらえるのかなぁ」と思うようなことでも、是非、ご相談ください。
PR

どうもお久しぶりです。
先週まで、北会津町の宮ノ下にある八幡神社で仕事をしていました。

実はこの神社、過去にも当店で仕事をさせていただいたものが数点あります。
鳥居、灯籠が二対、狛犬。
特に鳥居の方は、僕にとっては家業を手伝い始めて一番最初の仕事だったので、非常に思い出深いものがあります。(鳥居の写真はホームページの方でご覧になれます)
そして、二対の灯籠と狛犬。
これには初代・木村文吉の名前が刻んであります。
僕が生まれるより何年も前になくなっているので直接会ったことはありませんが、それだけにこういう所に刻んである名前を見つけると、つい感慨に耽ってしまいます。



さて、話を戻して今回の仕事ですが、
今回は石畳の方を新しくすることになりました。



御宮を支える2本の柱が石畳にかかっていて、それを動かさずに基礎工事をするという方向で話がまとまっていたので、いつもよりも緊張感溢れる仕事となりましたが、なんのトラブルもなく、無事に仕事を終えることが出来ました。





依頼主のお客さんにも喜んでもらえただけでも嬉しいのですが、今回は更に、宮司さんから感謝状までいただいてしまいました。本当にありがとうございます。
宮司さんは「次は参道を新しくできたら良いな」と言っていたので、その時もまたお声をかけて頂けたら―と思いつつ、明日もまた切磋琢磨に努めようと思いました。


どうもこんばんわ。
今日の夕方の地震は驚きましたね。
昨日も震度3の地震があったし、2日連続ですよ。

まぁ、驚いたと言っても地震自体にではなく、携帯にビビりました。
地震が起きる30秒くらい前に、サイレンのようなけたたましいアラームが携帯からなったんですよ。着メロに入ってない音が。
で、何だろうと思って携帯見てみたら、こんなメールが入ってたんです。



焦りましたね。
こんなメールが来たの初めてだったから。
机の下に潜るべきかどうかオタオタしてる自分の姿は、端から見たら相当情けなかったと思います。
で、30秒ほどで本当に地震発生。
現在の地震予知の技術には驚愕です。
ただ、震度4だったらしいけど、そこまで大きくは感じませんでした。

机の下に潜らないで正解でしたよ。
空のペットボトル一本倒れない地震だったというのに、
もし潜ってたら、あまりのカッコ悪さに自分で自分が情けなくなってたと思います。

先月取材して頂いた出版社の本が出ました。
「月刊石材」2010年2月号です。
巻頭グラビアということで、4ページに渡って写真付きで当店についてのことが書き綴ってあります。



これは非常に嬉しいことです。ありがたいことです。
記念に30冊くらい買っておきたいくらいです。
取材当日、僕や父の写真を撮ったりもしたので、「あの写真が載ったら、きっとハリウッドあたりからスカウトが来るだろうなぁ」と思ってたんですが、残念ながら僕の写真は掲載されませんでした。惜しかったです。

それにしても良い経験をさせて頂きました。
出版社のみなさま、ありがとうございました!!



7月末に生まれる予定の、僕の子供です。
分かりづらいけれど、写真だとこっちを向いてます。
まだ性別は分からないけど、すでに胎動を感じるくらい暴れまくってるみたいです。

男の子なのか、女の子なのか。
どちらが生まれても嬉しいのには変わりないんだけど、出来れば男の子がいいですね。
何故かというと、僕 凄い子供好きだから、子供が生まれたら相当可愛がると思うんですよ。しかしながら、女の子って将来的にはお父さんにとって辛いイベントが沢山あるじゃないですか。
正直、そういうのに耐えられる自信がないんですよ。
たぶん、まずは 「 もう お父さんと一緒にお風呂に入らない 」 から始まりますよね。
そのあとは 「 なんかお父さん臭い 」 あたりですかね。
そして 「 お母さん!お父さんの服と一緒に洗濯しないでよ!! 」 と。
それと同時進行で、妻から 「 あの子、彼氏出来たみたいよ 」 なんて聞かされたりもするんでしょうね。

・・・辛い。辛すぎる。

そんな辛い思いをしてるときに、何らかの切っ掛けで押し入れの奥から娘の書いた 「 私のお父さん 」 みたいな作文が出てきたりなんかしたら、もう泣いちゃいます。
背中に哀愁を漂わせながら、小さい頃に娘が誕生日にくれたボールペンとか眺めちゃいます。

そうこうしている内に娘も社会人になり、会話もほどんどなくなり、久々に会話をしたかと思えば 「 お父さんに会ってほしい人がいるの 」 ってパターンですよ。
そんなこと言われたら、どんな顔をしたらいいのやら。
結婚式で感謝の手紙とか読まれたりしたら、ハンカチ何枚必要なことか。

もう一度言うけれど、こういったイベントに耐えきる自信がありません。
そんなわけで、出来れば女の子ではなく、男の子が欲しいわけです。


もっとも、どちらが生まれても、精一杯の愛情を注ぐつもりです。
少しくらい頭悪くても良いから、優しい子になってほしいですね。
とにかく本当に優しい子になってほしいです。
一番最初に覚えた言葉が 「 ユニセフ 」 とかだったら、言うことなしです。
性別が分かるのは、来月の初め頃だと思います。
楽しみです。

[1] [2] [3] [4] [5] [6
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
四代目
年齢:
35
Webサイト:
性別:
男性
誕生日:
1984/03/07
職業:
石材店
趣味:
ボルダリング
P R
忍者ブログ [PR]